靴修理、カバン修理はリペアスタイル

靴修理、カバン修理は、リペアスタイルで。愛知県名古屋市内、名古屋駅地下店、名古屋本山店、愛知県岡崎店で靴修理、カバン修理をしています。REPAIR STYLE

靴修理、カバン修理はリペアスタイル

REPAIR STYLE 名古屋駅地下店 〒450-0002  愛知県名古屋市中村区名駅4-8-14 ミヤコ地下街TEL: 052-565-1900  FAX: 052-565-1901 営業時間: 月~金 10:00~20:00  土日祝 10:00~19:00 REPAIR STYLE 名古屋本山店 〒464-0821  愛知県名古屋市千種区末盛通5-20 シャングリラ本山1F TEL:052-757-3600  FAX:052-757-3601 営業時間: 10:00~19:00 定休日: 火曜日 REPAIR STYLE 岡崎店 〒 444-0822 愛知県岡崎市若松東1-2-5 ハビット若松東Ⅱ TEL:0564-83-8701 FAX:0564-83-8702
修理事例
  • トップ
  • 修理事例
  • ビフォーアフター
  • プライス
  • 店舗の紹介
  • インフォメーション

レディース スリッポン /オールソールラバー

2018-07-29

劣化で二大泣きを見る素材、合皮・ウレタン。

劣化してしまうから悪だ!!とは言い切れないですし、

どちらの素材にも使われる理由になる、いいところはあります。

 

まあしかしながら劣化は劣化で、そのまま履き続けて頂くと

靴としての機能がかなり損なわれるというのも事実。

他はなんともないのにもったいないな、とお悩みのお靴は

他の素材へ代替可能でないか一度ご相談にいらしてください。

 

今回は大事にしまっていた革靴の底だけが劣化してしまった

靴のオールソール修理です。

 

BEFORE

 

AFTER

 

可能な限り軽い素材を、とのご希望だったので

スポンジタイプのソールに代えさせていただきました。

 

一度劣化してしまった素材そのものを復元する、というのは

現段階ではかなり難しいことです。

ただ、新しいものに取り替える、ということはできます。

100%元どおり!とはいきませんが、また長く履いていただけるよう

様々なご提案ができればなと思います。

ご来店お待ちしております!

グッチ スリッポン /接着

2018-07-22

GUCCI ホースビット メンズ/ 接着

 

接着の修理が増えるとああ、夏が来たな、と感じます。

湿気と地面が熱いのが相まって、元々接着でのみ

つけられているソールやなんかは剥がれやすくなるんですよね。

 

夏に履くようなサンダルやウエッジソール靴は

ほぼ接着と言っても過言ではありません。

また、そういうサンダルなどは夏にしか履かないため

劣化があっても気づくのに遅れ、いざ履こうと思った時に

ソールがべろっと剥がれるなんてことも。

 

久しぶりに履こうと思った靴は早めの確認を!

 

今回は夏だから、というわけではありませんが

接着材の劣化で剥がれてしまったソールのお修理です。

 

BEFORE

 

AFTER

 

アッパーもソールもそのものが傷んでいるわけではないので

これでまたしばらくは履いていただけます。

これ合皮やビニール系の素材だとうまくいかないこともありますが…

諦めきれないお靴は是非一度ご相談にいらしてください。

 

セリーヌ エナメルパンプス /ハーフソール

2018-07-15

CELINE レディースシューズ /ハーフソール (ラバー)

 

先週中の雨が嘘のように今週はずっと晴れていますね。

外はさぞ蒸し暑いんだろうなあと室内から晴天を眺めております。

そんな暑い中ご来店いただく皆様、本当にありがとうございます。

これからの方も熱射病になどならぬようお気をつけてご来店ください。

 

今回は新品のお靴のハーフソール 修理です。

毎度おなじみの、ではありますが、今回は久しぶりに

珍しい色をお選びいただきました。

 

BEFORE

 

AFTER

 

こちらのお靴はパテントのアッパーもソールも

全部ターコイズ一色!!黒色以外だと珍しい気がします。

そんなお靴に少しでも馴染むよう、グレーの

ラバーハーフソール をお選びいただきました。

ちなみにコバ(ソールのサイド部分)色も

同じターコイズだったのでハーフソール のサイドにも

同じ色を入れて仕上げてあります。

 

すべり止めの効果を期待されていたので今回は

ラバーハーフソールをお勧めいたしましたが、

色はなるべくかえず、靴底の保護のみを目的とされる場合は

革のハーフソールに色入れ、という方法でも対応可能です。

ただし!元々の靴もそうなのですが、色付きの革ソールはすべからく、

削れると地の色が出ますのでご了承ください!

そういう意味ではゴムは削りきれない限り色が一定なのも魅力と言えますね。

ラバーもレザーもどちらにも魅力があります。

迷った時には是非ご相談ください!

パンプス / サイドライニング交換

2018-07-08

久方ぶりの更新となりました。

桜に絡めた記事でも書こうかな何て思っていたら

あっという間に梅雨もすぎ夏到来、です。

 

さて、梅雨から秋口にかけ、蒸し蒸しとする日本の気候は

革靴にとっては大敵ですね。

うっかりしまいっぱなしにしている靴などありませんか?

箱に入れて大事に保管していたつもりでも湿気に負けて

いつの間にやら出来てしまうカビ・シミ。

特に色の薄い革はそれらが顕著に目立つので

履きたくても履けないな…という状況に陥りがちです。

今回は靴の内側にシミができてしまったお靴の

張り替えをさせて頂きました。

 

BEFORE

 

AFTER

カウンターライニング(靴の内側、主にかかとが当たるところ)は

そのままに、サイドライニンング(踏まずからつま先にかけて)

のみ張り替えをいたしました。

インソールの色に合わせて張り替えたので違和感もありません。

この修理はできる靴、できない靴あるので

気になる方は是非一度お持ちください!

ご来店お待ちしております。

 

SIDE CATEGORY