靴修理、カバン修理はリペアスタイル

靴修理、カバン修理は、リペアスタイルで。愛知県名古屋市内、名古屋駅地下店、名古屋本山店、愛知県岡崎店で靴修理、カバン修理をしています。REPAIR STYLE

靴修理、カバン修理はリペアスタイル

REPAIR STYLE 名古屋駅地下店 〒450-0002  愛知県名古屋市中村区名駅4-8-14 ミヤコ地下街TEL: 052-565-1900  FAX: 052-565-1901 営業時間: 月~金 10:00~20:00  土日祝 10:00~19:00 REPAIR STYLE 名古屋本山店 〒464-0821  愛知県名古屋市千種区末盛通5-20 シャングリラ本山1F TEL:052-757-3600  FAX:052-757-3601 営業時間: 10:00~19:00 定休日: 火曜日 REPAIR STYLE 岡崎店 〒 444-0822 愛知県岡崎市若松東1-2-5 ハビット若松東Ⅱ TEL:0564-83-8701 FAX:0564-83-8702
修理事例
  • トップ
  • 修理事例
  • ビフォーアフター
  • プライス
  • 店舗の紹介
  • インフォメーション

ウンガロ バッグ /バッグ色補修

2018-09-09

UNGARO トートバッグ /色補修

 

今回は鞄の色補修のご案内です。

 

BEFORE

色移り?のようです。

胴の部分なのでかなり目立ちます。

 

AFTER

 

オレンジ色というのは比較的難しい色なのですが

今回は素材の特性もありほぼ分からないくらいに仕上がりました。

これでまたしばらく使い続けていただけます。

 

ブログや事例に載っていなくてもできる修理、たくさんあります。

是非是非一度お電話でもいいのでお問い合わせください!

 

スエード ブーティー/ヒール巻き クリーニング

2018-03-20

レディース ブーティ/ヒール巻き革(スムース) 起毛クリーニング

 

冬の間大活躍であったであろうグレージュのスエードブーティー。

たくさん履けば履くほど溝にはまったり引っ掛けてしまったり。

ヒールの革の破れでお悩みの方、多いのではないでしょうか。

そのような場合、一旦ヒールを取り外して

革を全て新しく巻き直して交換する修理ができます!

今回はそれと一緒にクリーニングもご依頼いただきました。

 

BEFORE

 

AFTER

 

お車を運転される方は、特に右足のかかとが汚れやすいです。

車についている石油系の汚れなのでちょっと取れづらいですが

目立たない程度までクリーニングすることができます。

ヒールの革は、違和感ない色で巻き直しさせて頂きました。

ヒールのゴムも一緒に変えるのでまた安心して履いていただけます。

 

また来年も活躍させてください!

ウンガロ/ショルダーバッグ クリーニング 色補修

2017-11-22

すっかり色が落ちてしまった鞄。

色補修を施すことで 綺麗によみがえります。

 

 

 

(REPAIR STYLE 名駅店 より)

エルメス/財布色補修

2017-10-20

お財布色補修特集第三弾。

 

お財布などの小物だと、とっても派手で綺麗な色でも

差し色に取り入れやすいですよね。

今回はエルメスのイエローグリーンのお財布のご紹介です。

 

BEFORE

所々に黒い影が。これは使ってくうちにできた傷スレです。

蛍光色に近いグリーンなので、光の加減次第では

傷が特に目立ち、くすんで見えます。

角度を変えて撮るとこんな感じ。

 

AFTER

傷そのものもほとんど目立たなくなります。

 

照明の当たり加減を変えても

こんな感じに。ムラ感が抑えられ、色調も変わりません。

 

蛍光色に近くなればなるほど、革製品の色補修は

難しくなる傾向にあります。

なんでもできます、とは言い切れませんが、

ご相談いただければできる場合も多いです。

 

お品物ひとつひとつ、手作業で色を調合して補修している

というのが当店の強みでもあります。

変わった色だけど大丈夫かな?というようなものも

是非一度お持ちください。

 

お問い合わせ、ご来店、お待ちしております!

グッチ/財布色補修

2017-10-19

 

お財布色補修特集第二弾。

今回はGUCCIのベビーピンクのお財布です。

 

BEFORE

おろしたてだったのに鞄に入れていたペンが滲んでしまったそうです。

おそらく水性ペン。

そのまま落とす事も試みましたが革に浸透し切って

しまっていたので上から色を入れさせていただきました。

 

AFTER

 

前の写真と色が違って見えますが照明の加減です。

写真、取るのが下手で申し訳ないです…

せっかくほぼ新品で綺麗な革だったので、ペンあと部分のみ

補色させていただきました。

当店で使っている染料と非常に相性の良い革であったため成せる作業でした。

ポイントで塗る、というのは染料と革の相性が悪いと

できない場合も多いので悪しからず。

 

せっかく新品なのに大ショック!という場合も是非ご相談ください。

可能な限り努力いたします!

SIDE CATEGORY